RecommendedSigned

Mitsume

Ai Ning Yao

moom editions

Paperback
232 pages / 150 images
ISBN 9789860621716
Chinese / Japanese
107 × 165 mm
Including 5 replica polaroids

Pre-order campaign: bonus set of 4 postcards

“Mitsume" is Taiwanese actress Ai Ning Yao’s debut photography monograph, it is a collection of personal reflections on her life experiences spanning the past decade. Weaving together photography and diary entries, she distills observations as transparent and delicate as a haiku. Ai Ning opens herself up to the world with grace, documenting moments of resolution and vulnerability. At times of despair, she contemplates what it means to be alive.

”The Japanese term “みつめ (mistume)” literally translates into “three eyes”. I’ve often felt like the camera is our third eye. It captures whatever is happening before us, even things we aren’t aware of at the moment. Nothing could escape the shutter eye. The Japanese pronunciation for “みつめ (mitsume)” sounds identical to the Japanese term “見つめる(mitsumeru)”, meaning “observing with attention”. It resonated with my process of making this photobook— while slowly rearranging these snippets of my past, I’d come closer to my inner self.“

Moments that go by in a blink of an eye, encounters that end up jolting your soul, scenes that insinuate uncanny sentiments— our lives pass us by in overexposed, out-of-focus, light leaked memories, as time sneaks us by, it is gently captured. Shedding her role as an actor, Ai Ning returns to her most genuine form, reemerging with dashing authenticity in “Mitsume”.

“Ensconced in the ocean
You feel safe
and set free to indulge” - excerpt from Ai Ning’s diary

Born 1990 in Taiwan. Ai Ning Yao debuted as an actor in “Partners In Crime (2013)” and quickly gained popularity for her ethereal looks. She was casted in Japanese film and TV shows “Strange Tales of Love and Strangers (2017)” and “Soaking Wet Private Detective Hagoromo Mizuno (2019)”. Ai Ning began shooting film photography ever since she discovered her father’s old Nikon FM2 when she was still in college. It had since become one of the few things she carried on until today. Even though she works in multiple fields, she most identifies as a witch, and believes that there is always something more than meets the eye.

台湾の若手女優、ヤオ‧アイニン(ピピヤオ)の初写真集『みつめ』。足掛け10年にわたり撮影された彼女の生き方と目の前の世界が掲載されています。これは日記的なスナップフォトで構成されており、時には俳句のような詩情のある透明感いっぱいに、時には優しく世界と対話する形で、彼女のこだわりや迷い、さらには心が折れそうになったときの命や世の中に対する考えが綴られています。

「カメラって、目の前で起こった出来事を記録したり、その時に気づかなかったことをこの目に焼き付けたりしてくれる第三の目だなっていつも思っているんです。写真集のタイトル‧『みつめ』は『見つめる』からつけたもので、この写真集を製作しながら自分の内面と向き合い、形にしていくというように、いろいろなことに目を向けながらまとめるという意味が込められています。」

『みつめ』にはこれまで10年間にわたり、ピピヤオが自分で撮影して書きためてきたありのままの姿が掲載されています。あっという間に過ぎて行く時間、劇的な出会い、言葉では言い表せないようなシーン…、人の命というのは、露出過度、ピンぼけ、光漏れといった記憶の中で、ひっそりと消え去り、静かに捉えられていきます。ピピヤオから女優という肩書を取ると、すごくピュアで平凡な姿が現れます。『みつめ』は、一人の人としてどのように生きるのかというあらわな気持ちが映し出された貴重な一冊です。

「大きな海が包んでくれる。そうすればホッとできるよね。溺愛された世界で自由になれるよね。」—— 収録日記より

ヤオ‧アイニン、1990年台湾生まれ。2013年に出演した映画『共犯』でスクリーンデビューした後、さわやかで透明感のあるイメージで注目を浴び、日本映画の『恋愛奇譚集』、日本ドラマ『びしょ濡れ探偵水野羽衣』に次々と出演するなど、日本とのかかわりも深い。大学時代に自宅で父親が所有していたNikon FM2カメラを偶然にも発見。そこからフィルムカメラを片手に出かけては様々なシーンを写真に収め、満を持してこの時を迎えました。様々な分野にわたり、彼女曰く最も得意なのは「魔女」になることで、作品には肉眼で見えないものがちりばめられていること間違いないでしょう。

232 ページ / 収録作品 150 点 / 日記 55 件とテキスト収録(中日併記)/ ポラロイド日記写真 5 枚付(レプリカ)/ 並製本

Related items