夏と田舎と女子高生。

過ぎ去る夏の日、
消えゆく田舎の風景、
女子高生という、長く短い三年間。

どれも儚(はかな)いのに、
どうしてこんなにキラキラ輝くのか。

僕は、そんな儚く尊い瞬間を
写真で切り取らずにはいられなかった。

大好きな夏の色と共に。

Limit Time Offer: 2024 Japanese Art Book Sale