2018 復刻版

『にっぽん劇場写真帖』は、それまでの数年間に僕が撮ったありとあらゆる写真をそれぞれのコンテクストから一度解体して、どのイメージをも断片とみなし、それら断片を、全く別のコンテクストによって同一平面化することで、混沌とした日常の視線の再構成が出来るのではないかという実験のつもりだった。 そして、その実験と解体の先にあったのは、「全く別の」というよりは 、もうひとつの「にっぽん劇場」を内包したコンテクストであって、寺山修司さんと僕の体質や思惟が呼応し合って出来上がった写真集だった。

− 森山大道

Related items