年6月、Akio Nagasawa Publishing から『Pretty Woman』というタイトルの写真集が出版された。ポップなデザインのハードカバー400ページ余りのボリューム、カラーとモノクロームが混然とする、いわばぼくの目線が見た東京俗物図鑑というわけである。
そして7月には、ロンドンの出版社Thames&Hudsonより一年越しの企画だった『記録』誌の1号から30号までの合本『RECORD』が出来上がって送られてきた。1972年にぼくの発想と手で5号までが作られ、その後長年休刊中だった『記録』誌が、2006年に長澤章生さんの要請によって6号から復刊され、以来いまこのコメントを記しているのが35号である。ロンドン刊の『RECORD』はすべてのページを入れると厖大なページ数になってしまうので、それなりにセレクトはされてはいるがそれでも相当なページ数である。

出来上がったばかりの上記2冊の写真集を同時に繰り返し見続けていると、ぼくはぼくの写真を見ながらも、なぜか見知らぬ光景を、不思議な世界を眺めているような思いに捉われてしまう。1972年に写した写真からも、2017年に写した写真からも、その間にあった時間のパースがふと失われて、印刷された2冊のすべてのイメージが急にフラットに映り見えてきたのだ。それは、ぼくという一人のカメラマンが写したものだから当然、などということではなくて、写真という複写装置が持つ一義的な記録性以外にある、もうひとつの作用というか現象のような気がするのだ。ぼくはそのとき2冊の写真集のページをめくりながら、今更ながら写真というツールの広さと深さを知る思いだった。

− 森山大道 後書きより−

Related items