2017年に山本雅紀が発表した1作目の写真集『我が家』では、同居する自らの家族の日常を赤裸々に写したユニークな山本の作風が海外で好評を博し、The New Yorkerなどのメディアに取り上げられ一大センセーションを巻き起こした。2018年のParis Photo-Aperture PhotoBook Awardsにおいて、First PhotoBook部門で最終候補となり、その後程なく写真集は完売、続編が待たれる中、満を辞して本作『我が家2』が完成した。続編の『我が家2』は山本家が小さな文化住宅から一軒家へ引っ越した後に撮影された写真で構成されているが、愛とハプニングが溢れる山本家の情景は前作と通底しており、山本にしか写せない彼らのありのままの姿は見る者を魅了してやまない。

 

『我が家2』は2017年に一軒家へ引越してからの家族を撮影したものです。
写真集を出版するにあたって家族に写真を見てもらうと「引越す前のアパートと同じやん!」「この散らかった写真のどこが良いのかさっぱりわからん!」と言われます。
庭では母がハーブを育て、それぞれが部屋を持ち、トイレにはウォシュレットが付いている。そんな広くて綺麗な一軒家は私たちにとって夢そのものであり、妹曰く、解放でもありました。それが以前のボロボロのアパートで撮られた写真と変わり映えしないのは、新しい棲家を得た山本家という生き物の習性のようなものが、そこにはあるからだと思います。
いつも外で通り過ぎる家の中にもそれぞれ独自の世界が秘められていて、その片隅に山本家もあります。山本家の生態や生活を「これが私の家族だ」と自らのルーツとして再認識したものが前作『我が家』であり、その舞台を一軒家に、新しい環境のなかでもう一度家族を見つめたものを『我が家2』としてまとめました。山本家の写真を見た人が、その人自身の家族や家族観と向き合うような作品になればと思います。
― 山本雅紀

― 出版社説明文より

Limit Time Offer: Architecture through the Photographer's Lens ── Architectural Photography Sale