自分にとって心地がよく快適な場所とは、どんな空間なのだろう。気持ちのいい場所で自分のペースで過ごす時間は、何物にも代えがたいものだ。2022年の居住空間学は「居心地のいい部屋」と題し、14組の住まい手による魅力的な暮らし方を紹介します。借り受けた広大な敷地で実験を重ねる蒸留家の暮らし、温かみのある家具に囲まれたコージーな家、アーティストが暮らす自分自身と対話できる場所など、今年も他のどこにもない暮らし方に出会いました。

Tags: brutus

Related items