“自分は、きっと想像以上だ。”
一糸乱れず踊る約300人の眩しい感情が衝突する

2017年に話題となったポカリスエットの春・夏キャンペーン広告。1ヶ月に及ぶダンスレッスンで約300人の高校生と時をともに過ごしたのは、写真家・奥山由之であった。
彼らの隅々にまでとけこんで写した舞い踊る姿は、永遠の価値を与えられた生命のように、私たち受け手に真正面から向かってくる…。微かな息遣いや胸の高鳴り、みなぎる熱量。同じ空気を吸い込むような追体験が、いま始まる。

青春を全力で肯定し、とにかくストレートに強く、突き抜ける青空のように純粋な写真を撮ること。

――奥山由之

● 広告写真123点掲載。

奥山 由之(おくやま・よしゆき)1991年東京生まれ。2011年『Girl』で第34回写真新世紀優秀賞受賞。2016年には『BACON ICE CREAM』で第47回講談社出版文化賞写真賞受賞。著作は他に『As the Call, So the Echo』『君の住む街』など多数。近年ではTVCM、MV、映画など監督業も精力的に行なっている。