中央の管理機関なしに、デジタルデータ上の「所有」と「価値の交換」を可能にすると言われるブロックチェーンという技術基盤が、アートワールドにもたらすものとは何か?

本特集では、作品の真贋認証や分割所有などマーケットを中心に起きることの事例、来るべき美術館の構想、アートやお金の価値形成など、この新しいテクノロジーの思想と実装可能性の両方から、アート×ブロックチェーンの未来を考えたい。

Tags: 美術手帖